心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法
心の風邪を早く治そう、大切な家族や仲間達があなたの復帰を待っていますよ

心の病気<メンタルヘルス>

心が揺らめいた時にはその背景にあるものにメンタル疾患と呼ばれる現象があります。その場合に人はどのような行動をとるのでしょうか?イギリス人の博士と呼ばれる人物が地域調査を試みたのです。「メンタル疾患」になってしまった人が実際に精神科まで行って医師とめぐりあう可能性は意外にもすくないのです。そのためにもこのサイトでは精神科の症状や病気について特集していきます。

スポンサーリンク

メンタル疾患の診療とは

「メンタル疾患に」なる人はだいたい1年間に千人あたり260人〜315人くらいといわれています。人口の統計からするとメンタル疾患になる確率はかなり高いといえます。気のせいでは?と考えて治療を一切受けずに自然に回復しようとして、症状が悪化し悪くなっても深刻には考えないものです。健康ドリンクやテレビ番組で紹介されている商品を使用すれば改善されるのでは?と思い病院に訪れる人は少ないでしょう。いざ診察してみると医師に「メンタル疾患による症状です。」と判断されるのは約半数と言われます。医師が精神科を紹介するのは約四分の一まで減ります。精神科医が診察した患者の約6人は入院を避けられないほど重症と診断されました。精神科医が外来で診察することになった患者はメンタル疾患である患者の一割にも達しません。

うつ病は誤診されやすい

総合病院の内科を受診した患者がメンタル疾患でも代表とされるうつ病を抱える割合はどのくらいでしょうか?世界保健機構(WHO)は、各国の専門家に調査を依頼しました。その国ではうつ病が6.7%、諸外国になると16%にまで。日本でうつ病の患者が少なかったのはなぜか?考えられる事は日常の生活で起きる体調不良だとあきらめてしまい、我慢しつづける人が多いからといえます。

対応例を見る

内科医は体の症状を訴えて受診したうつ病患者を「体調不良」「気のせい」「こだわりすぎ」「意思や性格の弱さ」「体の病気として診療」「自立神経失調症」「更年期障害」「不眠症」などの病名をつけ治療されるケースが大半です。症状が軽くて短い場合には一時的な体調不良や気のせいと判断されても納得できます。慢性になった場合には意思や性格の弱さが原因だと判断されてしまいます。体の症状を訴えるので体の中だけを診察して誤診がおきてしまうのです。

メンタル疾患はなぜ起こるのか

発症のメカニズムは、まだ解明されていないのが現状です。残念なことですが。そのかわりにいくつかの仮説が語られています。

成長の過程

成長していく過程で、親の過保護や過干渉、虐待などの育て方などの経験は神経細胞の発育を遅くします。症状になりやすい状態に発展するのです。育ってきた環境やそれまで過ごしてきた生活で神経細胞が病気になりやすい症状を作るのかがわかります。

ストレスへの対応

対処方法を体で覚えることができれば、役に立ちます。急性のストレスには複式呼吸やゆっくりとした休養など、あきらめや居直りが有効です。慢性の場合には生活のリズムを整えてから、運動療法や音楽療法など行うのも効果的です。しかし、統合失調症は生物学的要因が少なからずあるため軽度から中度のストレスに対しても症状が現れます。発症のしくみは糖尿病や高血圧症などの生活習慣病と同じです。

不安とは

モヤモヤとした恐怖感に破局的状態におちたと感じる苦しい体験を、不安と呼びます。似たような感情には、恐怖があります。脅威を与える外的に対する反応です。不安には自律神経症状が伴います。息苦しさや動機、めまい、冷や汗、口の渇きなどの症状がでます。時には「もうだめか」と思ってしまうほど激しいこともあります。

発病のきっかけ

「メンタル疾患」が起こった場合には犯人探しをします。心理的なトラブルで発病すると思われるからです。「心身の疲労」「対人関係のトラブル」「人との別れ」「評価される立場にたつ」「生活環境の変化(子供・転居・仕事など)」「過酷な状況」。

誘因をしる理由とは

発症に先立ち病気の誘因や原因について精神科医は探ります。通常は、患者が進んで話したり、全体の流れで知ることが可能な内容といえるでしょう。

心理的原因にメスをいれない

心理的原因を伝えれば精神科医に分析され、すぐに回復へと思うでしょうが、精神科医はあわてることなく診療を進めます。心身の疲れを癒すように勧められます。その理由としては、疲れた状態で頭で解釈をさせても何の役にも立たないからです。体の中からエネルギーが増えるとものすごい高く感じていた壁がすぐ乗り越えられる程度の高さにまで低く感じることができるからです。精神科医が心の病に急いでメスを入れない理由がわかったと思います。

診断名と治療

メンタル疾患には特徴的な症状があります。「患者の症状を正しく把握し、患者と環境との相互関係を理解し、病気がどの程度まで生活の支障になるのかを知る。」「患者の苦しみを理解したことを患者や家族に伝える。」「患者の家族の医療に対する姿勢や期待がどのようなものかを知る」「苦しみを与えるものが医療で扱う病気であると告げ、診断する根拠や病気の性質、医師としてできる治療、今後の見通しについて伝える。」などです。


このサイトではそのいくつもある症状について症状別に紹介していきます。世の中には同じ病気や悩みを抱えて苦しんでいる人がたくさんいます。その方たちのために少しでも参考になるサイト作りをこころがけていきます。

スポンサーリンク