心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

広場恐怖

繁華街やデパートのような場所に行くのがこわくなる病気です。特に閉じられた場所、エレベーターや車、飛行機などに乗ろうとするとオカンを感じその場から逃げてしまう病気です。これは脳から伝わっているもので、脳の扁桃体と呼ばれる思考の働きとは関係なく情動刺激を不安と判断してしまい、体が反応を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

広場恐怖とは

自分の行動が奪われるような場所、電車や飛行機などの乗り物などに乗れなくなりひとりでは外出もできなくなる症状がおこります。パニック障害に続いて発症するケースが多く見られます。このヒロバキョウフはその場所にこわさを感じるのではなく、万が一に起こる事故から逃げられなくなるとか、助けを求められないのではという予感から体に異常をきたします。動くことができなくなり、発作などが起こってしまうのです。症状をわかりやすく説明するために乗物キョウフや閉所キョウフなどと呼ばれることもあります。

広場恐怖の原

幼児期などに体験した自分に起きたキョウフカンから、そのキョウフが記憶に刻まれていて突然よみがえることが原因という説もあります。幼児期じゃなくても人生で危機的な状況に遭遇したりした人に多くみられます。よく大きな天災やジコにあった人にはこの病気にかかるケースがあります。

広場恐怖の治療

広場恐怖になった場合はパニック障害からの二次的に起こる場合もありますが、SSRIや抗不安薬などの薬物を使用した治療法から始めます。パニックの発作や予期不安によるオカンなどが軽くなると、一人でも外出できるようになります。人ごみの中にも普通に入っていくことができます。行動療法も併用して行われます。今まで避けていた場所にあえて行かせる方法も試されます。少しずつ目的地に近づいていき、最終的には目的地にたどりつかせる方法です。例えば電車に乗るのに悪寒を覚えるようであれば、一つの駅から次の駅までを目指します。そして乗れる距離を伸ばしていくのです。こうした治療法により、病気から解消されていきます。

広場恐怖にかかった時の周りの対応

広場恐怖にかかっている本人をからかわないことです。例えば飛行機に乗ったら落ちてしまうのではないかとか、そんなキョウフがおそっているのです。

ひとりでは家からも出れなくなるために家族の付き添いがないと病院を受診できない症状の人もいます。相手も病気を自覚し心のツエや支えとなりましょう。

症状が軽くなると一人でも病院に行けるようになります。地道な薬物治療や本人の勇気やがんばり。周りの理解者などの協力で外出できるようになります。あきらめずに病気に打ち勝ちましょう。

スポンサーリンク