心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

神経性過食症

神経性過食症とは週に二回以上からで三ヶ月以上にわたって、普通の一般の人が食べる量よりも、あきらかに多く食べて、食べることをコントロールできない病気です。肥満になってしまう恐れなどから、代償として吐いたり、下剤や利尿剤、ひどい場合にはカンチョウなどを使用して食べたものを出してしまいます。

スポンサーリンク

神経性過食症の症状

厳しくダイエットを続けた結果、だんだんむちゃして食べるようになったり、食べたくはないのに食欲だけがあり、しゃにむになって食べてしまいます。無茶食いをした後は自己嫌悪になってしまったり、うつになったりしてしまします。

無理なダイエットなどの行きついた先がこのような心の病気にかわってしまうのです。この病気は女性に多くダイエットが引き金になる場合が多いのです。痩せたいという願望から必要以上のダイエットなど我慢の日々を続けてしまい、その結果急な激しい食欲におそわれます。我慢しようとしても耐えきれません。口に入れ始めどこまでも食べ続けてしまいます。

神経性過食症の原因

原因は深い悩みであったり、遺伝であったり、その他にも社会的な圧力も原因となります。個人によつて原因は様々であり、しかも複合的だったりもします。過食症が起こる原因には次のことがあげられます。

・ 人より高く評価されたい

・ 完全主義

・ オール・オア

・ナッシング

・ 空虚感

神経性過食症の受診を考える目安

どのくらいの量を食べれば過食なのかは基準はありません。本人自体が普通に食べていた量よりも明らかに多い量を食べていれば過食となります。ストレスがあれば誰でも食事がのどをとおらないか、後から後悔するぐらい食べてしまいます。スリムになろうとダイエットを続けていたのに急に過食になってしまった場合には病院を受診しましょう。

神経性過食症の治療方法

自分はどのような原因から過食になっているのかを学びます。一番の原因はストレスからきていますので、過食以外のストレスの対処の仕方や自分が楽しむためのものを考えていきます。もしも人間関係が原因でおこっている場合には自分の気持ちを率直に話せる友人や自助グループなどの場をつくり、そこで治療していきます。

神経性過食症の家族の対応

むちゃ食いをしているからといって「やめなさい」などと怒ってしまってもやめられないのです。低栄養状態で怒る反応と考えていいでしょう。吐いてだしていたりしても多少はカロリーが吸収されます。うつ状態やなどをまぎらわせる効果もあるのです。厳しく接しないで、自尊心を高めるような対応をしてはげましましょう。

スポンサーリンク