心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

パニック障害

精神疾患のひとつです。いきなり強い不安感が押し寄せ、その結果として嘔吐や頭痛など体の様々な症状がでてくる病気です。以前は急性不安神経症とも言われていた病気です。予期していないことが起きた場合にその物事に対処ができずに、発作を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

パニック発作

症状は突然現れます。異常な不安感に襲われ、自律神経の症状は動悸が起こり、手足がしびれたり、めまいや吐き気、息苦しさも感じるでしょう。発作がおきているときなどには立っていることもできずに、救急診療することも多いでしょう。しかし症状は数時間立つと回復したりしていて、内科等の診察をしても症状が全く現れないのも特徴です。パニック発作を引き起こす原因となるのは色々な種類はありますが、ひどくなると個室にいることでさえ苦しくなります。お店の人ごみや電車や車、飛行機などもそうです。そのようなパニックを起こすのではないかという不安も発作を起こす原因となるのです。

パニック障害の治療法

パニック障害の治療法で一番行われているのは薬物療法ではないでしょうか。しかし、薬物は副作用があるので個人的には避けたい方法です。また薬に対しての依存性もでてきます。薬を飲まないと不安で仕方がなくなり、飲み続けることになるのです。

パニック障害の注意点

パニック障害は、内科などで診断されると風邪などで済まされる場合があります。理由としては血液検査や脳波、心電図などをとっても以上が見当たらずその症状などから風邪としか診断されないのです。もしこのような症状が出ていて色々な病院にいっても以上がない場合は精神科に相談しましょう。原因はおのずと出てくると思います。

その他の治療法(認知行動療法)

暴露反応妨害法

不安になる状況をつくり、それを想像や体験などをして徐々に環境になれさせる方法です。免疫力をつけて治す方法です。

呼吸法

過呼吸にならないようにするためのリラクゼーショントレーニングの方法です。発作を少しでも和らげるために用います。

電気けいれん療法

この方法は頭の頭皮から電気を通電させることで、人工的にけいれんをさせる治療です。薬物治療が全く効かない場合や精神的においつめられている状態のときなどに行われます。効果や安全面にも優れている治療法で、保険も使用できるので、より安全な方法とも言えるでしょう。

筋弛緩法

筋肉を緩めてからだをリラクゼーションするトレーニング方法です。パニック障害になると外にも出歩かなくなるので、体の新陳代謝を呼び戻すためのトレーニング方法です。

パニック障害のまとめ

著者もパニック障害かかったことがあります。車に乗ったり、食事をしに外食するなんてこともできなくなりました。常に吐き気やめまいに襲われ、非常に辛い時期を過ごしました。最終的には病院で薬をもらい回復し、今では普通の生活ができるようになっています。日頃から会社で無理をしたり、ストレスを溜め込んでいたのが原因にもあると思います。症状が出ている時は正直もうだめかとも思いました。しかし治療やリハビリの成果で改善できるのです。気になる症状があったら、まずは医師に相談してみましょう。自分の明日から生きていく未来のために。

スポンサーリンク