心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

外傷後ストレス障害(PTSD)

激しいストレスを体験した後、ふとしたきっかけでその場面が繰り返し思い出す、睡眠障害や悪夢、不安や緊張など心身にいろいろな症状が現れて、長期間続く病気です。

外傷後ストレス障害の症状に日常的な失敗や失恋などは含まれず、生命に関わるような強い恐怖を感じるようなものに限られます。

スポンサードリンク

外傷後ストレス障害(PTSD)の症状

事故や地震などの天災、虐待や暴行、いじめ、強姦など、また他人の事故の目撃、近親者の死別などを体験した後、数週間から数年が過ぎてから症状が突然現れます。

このような苦しい体験をした後の外傷後ストレス障害の症状としては大きく3つに分かれます。

フラッシュバック症状

苦痛な体験の場面が鮮明によみがえり、同じ体験が再び起こっているかのように感じる。

回避・麻痺症状

体験を思い出させることを知らぬうちに遠ざける。

感情が麻痺して、反応が鈍くなる。

興奮状態、過敏反応

ちょっとした物音などにも過敏に反応する。

イライラする、眠れない、必要以上に警戒心が強まる。

このような症状が1か月以上続くと、外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されます。

初めは、急性ストレス障害と同じ症状が出ます。長期化すると、うつ状態や不安、集中力が低下、体の不調にこだわる心気症となり、重い後遺症を残します。

外傷後ストレス障害(PTSD)の原因

脳にある扁桃体(へんとうたい)の感情記憶を、前頭部などで消し去るシステムが動かないと仮説されています。時の経過によっても、風化しないでいるのです。

外傷後ストレス障害(PTSD)の治療

恐ろしい記憶に襲われて、神経が張り詰め、感情が凍ったように動かなくなるなど、こういう場合には受診した方がいいでしょう。


外傷体験のため、安心感を持っていません。治療には、安心できる環境を確保することが重要です。


外傷体験の程度に合わせて、不安段階表を作ります。具体的には、イメージ法とライブ法の2種類です。


イメージ法では、刺激の少ない場面から順番に詳しく思い出します。体験を話すことで不安が軽くなれば、次に刺激の高い段階に移ります。この方法を繰り返すことで、心の中の動きなどを表に出せるのです。


ライブ法は、患者とともに不安の少ない場面から実際に出かけて、不安を少しずつ克服していきます。

外傷後ストレス障害(PTSD)の周りの対応

体験を認めなかったり、体験を伴う感情にカギをかけて表そうとしない場合は意外に多いのです。1番大切なのは家族や周りの人の対応です。周りの人のサポートによって、心の傷も癒えてくるでしょう。あたたかい言葉で接してください。


体験を強引に聞き出してはいけません。安心感を伝えて、本人を支える姿勢を見せて、本人が話し始めれば、静かに聞いてあげましょう。

スポンサードリンク