心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

更年期障害

更年期障害とは、50歳を中心に前後5年間とする更年期にいろいろな不調が出てくる女性の病気です。

女性ホルモンの分泌が少なくなる体の原因と生活環境での心理的な原因が合わさって、心身のさまざまな症状な起こる病気です。

スポンサードリンク

更年期障害の症状

更年期に起こる、肩こり、のぼせ、手足の冷え、子宮出血や生理不順などを中心とした症状を「更年期症状」と呼びます。

女性ホルモンが減り始め、やがてなくなることで起こる脳や体の反応です。

更年期の症状は3期に分けられます。

    1.初期(閉経前)

    ほてりやのぼせ、冷えの症状が起こるのが特徴です。

    頭が熱くなったり、顔がほてります。頭痛や汗、気分の悪さが続きます。

    冷えは下半身に集中して、腹痛や生理不順、生理の量が多くなります。

    2.中期(閉経時)

    心の揺らぎが症状の中心です。

    不安やいら立ち、意欲のなさ、暗い気持ち、不眠などの症状があります。

    更年期出血も特徴です。女性ホルモンの分泌が乱れて、子宮内膜がとても厚くなります。子宮内膜が一気に、またはゆっくりとはがれます。大量、またはダラダラした出血が起こります。

    3.後期(閉経後)

    女性ホルモンの分泌はなくなり、生殖器は萎縮します。うるおいを失い、痛み、感染が起こりやすくなります。

    生殖器の近くにある膀胱や尿道に炎症が起こりやすくなります。トイレに何回も行きたくなったり、尿を出した後に痛んだりします。

    症状が強くて、家事や買い物など日常生活に支障がある場合は更年期障害と診断します。

    また、更年期後期に特徴的な心の揺らぎも起こります。

    いら立ちを家族にぶつけたり、つまらないことを気にしたり、マイナスの考えになりがちです。

    意欲も落ちます。体は重く、家事や買い物、介護などすべてが面倒になり、根気がなくなります。

更年期障害の原因

更年期には、女性ホルモンの減少が起こります。家族関係や自分の生き方にも変化があります。心身の揺れ動きが、そのまま心身の不調になります。

更年期障害を起こす要因に3つが挙げられます。

1. 生物学的要因

・加齢 ・卵巣機能の低下(のぼせ、発汗、膣炎、骨粗しょう症、動脈硬化、高脂血症)

2.心理的要因

・女性性の喪失 ・結婚生活の後悔 ・子供への罪悪感

3.社会的要因

・夫の定年 ・両親や夫の病気 ・子供の自立 ・別居、離婚

更年期障害の治療

更年期に生理の量が多かったり、生理不順があったときは、まず婦人科を受診します。

うつ気分や不安、不眠など精神面でいろいろな症状が出ていれば、精神神経科を紹介されます。


薬物療法では、ホルモン補充療法があります。女性ホルモンの減少に体がゆっくりと慣れるように、ホルモンを補います。

ホルモン剤は3種類があります。

1. エストロゲン剤

ほてりやのぼせ、冷え、頭痛などに有効です。

2. エストロゲンとプロゲステロン混合剤

生理の乱れを整えます。骨粗しょう症の予防にもなります。

3. 男性と女性のホルモン混合剤

おりものの分泌を増やして、うつ気分をなくします。

更年期障害だからといって、ホルモン補充療法だけが有効とは限りません。抗うつ剤や抗不安薬、睡眠剤、漢方薬を試みたりします。

更年期障害の周りの対応

ゆっくり休むことを優先にしましょう。更年期障害の期間は数年間です。無理して倒れたら、困るのは本人だけではないのです。

家庭内のトラブルをなるべく起こさないように、家族とのコミュニケーションは大切にしましょう。


自分のために人生を送るように、勧めるのが1番いいでしょう。趣味をしたり、友人とのランチをしたりなど、生き甲斐を持ち、人生を豊かにします。

スポンサードリンク