心の病と夢の森|メンタルヘルスの症状・治療法

急性ストレス障害

急性ストレス障害とは、心理的外傷体験と出合った直後に、一時的に起こる病気です。

体験をなかったことにしようをする組織なので感情が麻痺したり、体験を思い出せるものから回避したりします。

スポンサーリンク

急性ストレス障害の症状

事故や災害など生命に関わる体験した直後に発症します。感情は動かず、喜怒哀楽を表せません。感情がなくなります。見たり聞いたりしたことが、実感として受け止められないのです。外傷体験を思い出させるような場所や人物、話題から逃げようとします。神経は過敏となり、不眠やイライラが起こります。こうした症状は、2日から4週間以内には消えるでしょう。

急性ストレス障害の原因

幼児期に事故や災害、虐待などの外傷体験をしたり、性格的な問題、ストレスの多い生活が続いたりすると起こります。

急性ストレス障害の治療

心の揺らぎが強かったり、眠れなかったり、少しのことでビクッとして、日常生活を送るのが辛い時は、医師に相談しましょう。安全な場所で安心感を持てる医師と治療を受けることで、心が癒されます。


外傷体験は、意識の外に起き去られています。そのままにしておくと、心身ともに悪影響を与え続けるので、傷ついた感情と一緒に、体験を思い起こしていきます。外傷体験を体験として自分に言い聞かせます。


また自分を傷つけようとする行為が起これば、薬物療法を行います。

急性ストレス障害の周りの対応

安心できる場所で安心できる人と生活させて、孤立させないようにしましょう。語りにくい体験であれば、事情を知っている家族が病院に一緒に行きます。頼れる人に体験を聞いてもらったり、同じ体験をした人と辛い胸の内を語り分かち合わせるのも、回復へと役立つでしょう。

スポンサードリンク